トップへ戻る

節分のつどい 【あんず保育園】 2018-02-02 17:57 UP!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は節分のつどいを開催しました。

 

今日は鬼が来る日だと朝からすこしそわそわしている子どもたち。まず先生から節分の由来を教えてもらったり、先生による「おなかの中に鬼がいる」の劇を見たりしました。子どもたちは「へ~」というような顔つきでしっかり聞いていました!

 

つづいてみんなで「まめまき」の歌を元気に歌った後は、各クラスが節分のつどいへむけて作ってきた豆入れの紹介です。りすぐみ(1歳児クラス)は「クレヨンでお絵描きした箱」、うさぎぐみ(2歳児クラス)は「鬼をかたどってお絵描きした箱」、こあらぐみ(3歳児クラス)は「色々な色の折り紙をちぎって貼った箱」、ぱんだ・らいおんぐみ(4・5歳児クラス)は「好きな折り紙を貼って自由にデザインした紙コップ」を紹介してくれました。

 

そして自慢の豆入れに豆を入れてもらい、豆まきの始まりです!まずはらいおんぐみの子どもたち扮する子鬼の登場です!ほかの子どもたちに気づかれないように、お昼寝の時間にお面や金棒を作り、どうやったら鬼らしく見えるかも皆で考えてきた、らいおんぐみの子どもたち。努力のかいがあり子鬼さんといえども中々の迫力でした!

 

そしてみんなの苦手な大きい赤鬼と青鬼の登場です!太鼓の音とともに近づいてくる赤鬼と青鬼。子どもたちは必死の形相で豆を投げ続けます。中には泣きながら後ろのほうに隠れる子たちもいました。でも最後は会場の皆で「おにはそと~!」といっせいに豆を投げつけ、鬼を退治することが出来できました!

 

今日は給食も節分にちなんだ「手巻き風キンパ(韓国風海苔巻き)」「納豆汁」でした。子どもたちはそれぞれ豆まきや鬼の感想を話しながら美味しそうに食べていましたよ!