トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  日記

保育参加 【日記】 2018-06-15 13:31 UP!

今年度も各クラスでは保護者様に保育参加をしていただき、

子ども達が日頃保育園でどんなふうに過ごしているのか、

様子をご覧いただいています。

 

1歳児クラスではこれまで、保育室の外側の窓に目かくしを貼り、

そこに作っている穴から中の様子をのぞいていただいていましたが、

今年度は仮設園舎で、従来の方法では難しい部分もございますので、

これまで2歳児クラスで行っていたのと同様に、エプロン・帽子・マスクを

着用していただき、子ども達には 『給食の先生がお勉強に来てるよ』 と

いう設定で行っております。

 

この服装でクラスの中に入っていただきますので、1歳児クラスでこの方法が

使えるか、人見知りのように泣いてしまうことがないだろうか…と、

最初はいろいろ心配もしましたが、実際行ってみると特に不安になる子もおらず、

保護者様と気づくこともなく、無事保育参加をしていただいてます。

今年度も3月8日まで実施いたします(夏期保育中等、受付出来ない日も一部あり)。

是非ご参加ください!

 

工事見学 & プチトマト栽培 【日記】 2018-06-01 14:16 UP!

工事作業を興味津々で見ています。
工事作業を興味津々で見ています。
プチトマトの苗を植えました。
プチトマトの苗を植えました。

園舎の解体が進みいよいよ基礎の解体が始まりました。

毎日大きなショベルカーを見て、子どもたちも解体の様子を間近に見れて嬉しそうです。

 

各クラス、プランターでの栽培を始めました。プチトマト、オクラ、キュウリなどいろいろですが、ぶどう組でもプチトマトを植えました。赤くなって食べられる日を楽しみに育てたいと思います。

外遊び 【日記】 2018-05-17 16:26 UP!

みんなで消防車と救急車を見に行ってきました。
みんなで消防車と救急車を見に行ってきました。
上手に手をつないで歩けるようになってきました。
上手に手をつないで歩けるようになってきました。

 仮設園舎が出来てから園庭が狭くなり、2歳児以上のクラスの外遊びは、ほぼ毎回園外に出かけています。

 2歳児のももぐみは、今はクラスに18名の子ども達がいるのですが、その子ども達を、お友だちと手を繋いで一列に並ぶように促しながら、大人3人で園外に連れていくのが大変で・・・、4月の間は近くの熊野神社に行くだけで精一杯だったのですが、クラスが始まって一か月半が過ぎ、高木公園に行ったり、消防車を見に行ったりと、歩ける距離が少しずつ伸びてきました。

 子ども達自身で「~ちゃんお手てつなごうよ」「~ちゃんの後ろを歩くんだよね」と気を付けながら歩く姿も少しずつ見られるようになり、頼もしく思っています。

 

 今は、自動車や自転車での移動が多くなり、歩く機会が少なくなっていると思うので、安全に気を付けながら、たくさん楽しんでいきたいと思います。

親子遠足 【日記】 2018-05-12 14:49 UP!

体操頑張っています!!
体操頑張っています!!
「たけのこめだした」のわらべうた。誰が最後まで勝つかな?
「たけのこめだした」のわらべうた。誰が最後まで勝つかな?

5月10日(木)に阪神競馬場に親子遠足に行きました。

数日前からとても楽しみにしていた子ども達は、

「お弁当お母さんが作ってくれる!」

「体操頑張るわ!」と張り切っていました。

当日は少し肌寒い一日でしたが、お天気にも恵まれ楽しく過ごすことが出来ました。

各クラスで体操やわらべうたを楽しみました。

普段保育園でやっている事をお父さんお母さんに見てもらおうと頑張っていました。

それが終わった後は、ひとりずつの自己紹介タイム。

たくさんの人の前で大きな名前を言うのは緊張しますが、頑張って言えていた子どもたちでした。

その後は待ちに待ったお弁当タイム!!

みんなと一緒に食べるお弁当はとてもおいしく、子どもたちも保護者の方もいい笑顔でした。

子どもたちにとってもいい思い出となった一日でした。

ご参加ありがとうございました。

にじ組 クッキング 【日記】 2018-04-26 16:36 UP!

ピザ生地の材料の話を真剣に聞いている子どもたち。
ピザ生地の材料の話を真剣に聞いている子どもたち。
自分だけのオリジナルピザ!
自分だけのオリジナルピザ!
みんなで丸くなって「いただきます♪」
みんなで丸くなって「いただきます♪」

 4月25日(水)、にじ組は今年度初めてのクッキングでピザを作りました。この日は朝から「今日はクッキング~!」とウキウキの子どもたち。みんなで、順番にピザ生地をこね、生地をねかせる前には「おいしくなぁれ、おいしくなぁれ♪」とおまじないをかけました。

 1人分ずつに生地を丸めて伸ばし、アスパラ、ベーコン、コーン、チーズを自分好みにトッピングし、自分だけのオリジナルピザが出来上がりました。

 おやつ時に焼き上がったピザをみんなで丸くなって食べました。お友達と顔を見合わせ、「美味しい!」「力が湧いてきた!」と言って満面の笑みを見せてくれました。みんなで食べたピザはとってもおいしかったです!

 

仮設園舎 【日記】 2018-04-20 13:33 UP!

1階は、給食室・事務所・いちご・りんご・ぶどう・ももぐみです。
1階は、給食室・事務所・いちご・りんご・ぶどう・ももぐみです。
2階は、幼児クラス(にじ・そら・つき・ほし)と、さくらんぼ・みかんぐみです。
2階は、幼児クラス(にじ・そら・つき・ほし)と、さくらんぼ・みかんぐみです。

4月14日(土)に、仮設園舎に引っ越しをし、今週から仮設園舎での保育が始まりました。1週間過ごし、子ども達も少しずつ慣れてきています。保護者の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。今後も子ども達の安全には十分気を付けて保育していきたいと思います。

高木公園 【日記】 2018-04-10 13:51 UP!

青さん、ドッジボールをしています。
青さん、ドッジボールをしています。
のどが渇いて、お茶のみ休憩。
のどが渇いて、お茶のみ休憩。
石の上に木でお絵かきしています。
石の上に木でお絵かきしています。

 春らしいお天気の中、子どもたちはたくさん体を動かして遊んでいます。

 アスレチックでは滑り台、うんていを楽しむことはもちろん、木登りをして高いところから「おーい!」と得意気に笑ったり、石の上に座り、お友だちと話をしたりしている子どもたちです。

 今日はチームに分かれてドッジボールをし、上手に投げて、よけてと盛り上がりました。

 これからは、ますます暑くなりますので、しっかりと水分補給をし、たくさん体を動かして遊びたいと思います。

入園式 【日記】 2018-04-07 09:49 UP!

 
 

今日は昨日の雨もあがり、神様に天気が守られました。

いよいよ2018年度入園式が行われようとしています。

 

今年度も子ども達が神様に守られ、たくさんの笑顔が溢れますように・・・

 

 

もうすぐ春 【日記】 2018-03-27 14:31 UP!

りんご組から見た仮園舎
りんご組から見た仮園舎
 

仮園舎が完成間近となってきて子どもたちからは「もうすぐ新しい保育園(仮園舎)にお引越しだね」と言う声が聞かれるようになってきました。りんご組の子どもたちも4月からは進級し、ももぐみさんへ。一人一人の成長を喜びながらも、元気いっぱい笑顔いっぱいに過ごしたこのメンバーでのりんご組が終っていく事はやはり淋しくもあります。新しい事への期待感と別れの淋しさを感じながら、春はもうすぐです!

卒園式リハーサルもしっかりとしていました。
卒園式リハーサルもしっかりとしていました。

                                          卒園式園長挨拶

 

皆さん、卒園おめでとうございます。

皆さんのりりしい、格好いい姿を見ると、いよいよ卒業式、お別れの日が来たのだとの思いで胸が一杯です。

さて、聖書では幼な子イエスは、ますます成長して強くなり、知恵に満ち、そして神の恵みがその上にあった。と書いております。

今日の卒園する皆さんを見ていますと、イエス様と同じように、成長して、強くなり、知恵に満ち、神様のめぐみを一杯注がれて今日の卒園式を迎えることが出来たと思っています。園長先生は、とても嬉しく誇らしく思っています。

後で皆さんが歌う「襲い来るライオン」の中で、少年ダビデの事を歌いますね。実は、そのダビデさんには、とても仲の良かったお友達がいました。名前はヨナタンというお友達です。そのヨナタンはダビデのことが大好きで「自分の命のようにダビデのことを愛した。大事にした、親切にした。」と書いています。

皆さんも、一麦で一緒に過ごし一緒に卒園する仲間36名のお友達と、ダビデとヨナタンのように、卒園してもお互いを自分の命のように、大事にし、親切にしながら、同じ一麦の卒園生としてずっとお友達でいてほしいと園長先生は願っています。

保護者の皆様、お子様のご卒園おめでとうございます。一番大事な乳幼時期、子育てには大変なご苦労があったと理解しております。その皆様の子育て支援をどの程度できたのだろうかと今振り返っておりますが、私たち職員一同はお子様の成長を日々祈りながら保育に努めてまいりました。

お子様の成長を一緒に育み、見守ることが出来たことを感謝するとともに、送り出す側としては、正直、寂しい思いで一杯だということも事実です。今後ともお子様の益々の成長と保護者の皆様のご健勝をお祈りいたします。

終わりに、常々お伝えをしていることですが、お子様が卒園されても、お子様の一番大事な時期、共に子育てに取り組んだ保育園ですので、これで一麦とは縁が切れたと思ってはいけません。皆様は永久欠番です。今後とも、社会福祉法人として地域福祉を担う本園の活動に対する、サポーターとしてご理解とお力添えをお願い申しあげ園長挨拶といたします。