トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  日記

体育指導 ラグビー 【日記】 2018-02-13 14:04 UP!

 
 

 今日は高木公園で体育指導がありました。3月1日にある年長児、年中児のラグビー大会に向けての練習ということで、各学年に分かれて指導をしていただきました。タックルをしたりとお友だちとぶつかり合うことも多いのですが子ども達は弱音をはくこともなく、気合い満々で練習に取り組んでいます。

 1人だけががんばるのではなく、みんなで力を合わせることが大切だと子ども達には伝えています。本番まであと少しですが、練習をしていく中でたくさん自信をつけ、本番を迎えられるようにしていきたいと思います。

小学校で遊んだよ! 【日記】 2018-02-08 13:17 UP!

園庭の工事の様子
園庭の工事の様子
小学校の遊具で遊んだよ!
小学校の遊具で遊んだよ!

 1月末より、園庭での工事が本格的に始まりました。今まで使っていた遊具がが撤去され、どんどん変わっていく姿に、子ども達は驚きの表情を見せながらも、工事の様子に興味津々です。園庭でのお外遊びが出来なくなったので、近隣の公園や小学校へ行き、元気いっぱいに体を動かし、遊んでいます。

 今日は、高木小学校の校庭へ遊びに行きました。遊具の高い所に上がり、「お~い!」と手を振ったり、「ここまで上れたよ」と満面の笑みで、みんな楽しんでいました。

にっこりクッキーを作ったよ! 【日記】 2018-01-30 13:22 UP!

クッキー生地をこねこね
クッキー生地をこねこね
みんなの顔のクッキー、美味しく焼けますように
みんなの顔のクッキー、美味しく焼けますように
お祈りをしていただきま~す!
お祈りをしていただきま~す!

 

 1月29日、そら組はクッキングでにっこりクッキーを作りました。小麦粉の代わりに米粉を入れて、順番に「おいしくな~れ!」と念じながら、こねていきました。そして1人ずつ生地を分け、ココア生地で髪の毛や、顔のパーツをつけながら、自分の顔を作りました。どの子のクッキーも、にっこり笑顔でしたよ。

 

小さな手 【日記】 2018-01-22 14:20 UP!

長いビーズを小さな穴に通すのもお手の物!
長いビーズを小さな穴に通すのもお手の物!
ずいぶん高く積めるようになりました!
ずいぶん高く積めるようになりました!
ねんね~つ~ぼ~ねんねつぼ♪
ねんね~つ~ぼ~ねんねつぼ♪
いちご発見。
いちご発見。
手首のスナップをきかせて、すくえるよ!
手首のスナップをきかせて、すくえるよ!

毎日元気に登園してきてくれていたさくらんぼぐみの子ども達ですが、先週はほとんどの子が風邪をひいてしまってお休みしていて、寂しい一週間でした。

今週は、元気になって登園してくれる子が増えてきて、嬉しく思っています。

寒くなりそうですので、室内でゆっくり過ごそうと思います。

室内でも、自分の好きな遊びを見つけてよく遊ぶ子ども達。目で見て、考えて、手を動かす、ということができるようになり、遊びの幅も広がってきました。

型落としをしたり、わらべうたあそびをしたり、積み木を積んだり、スプーンですくったり、絵本のページをめくったり、指さししたり…。

かわいらしい小さな手で、たくさんの事を吸収していっています。

さくらんぼ組での生活も、あと2か月ほど。子ども達と一緒に色んな発見をしていきたいと思います。

園庭に氷が張りました 【日記】 2018-01-11 14:20 UP!

 
 

 二十四節気の小寒。いわゆる「寒の入り」で寒さが増々厳しくなっています。

 外遊びが大好きな子どもたちでもあまりの寒さに泣き出す子もいる程の冷え込みがあったある朝、園庭にわずかにある水たまりに薄氷が張っていました。

 子ども達は、自然の中の氷に興味津々で、スコップで割ってお皿に入れたり、踏んでみてパリッと言う音や感触を楽しんでいました。

 

クリスマス 【日記】 2017-12-26 16:29 UP!

♪きよしこのよる ハンドベル演奏
♪きよしこのよる ハンドベル演奏
サンタがやってきた!
サンタがやってきた!
サンタさんプレゼントありがとう
サンタさんプレゼントありがとう

16、17日の2日間でクリスマス礼拝を終え、22日㈮は一足早く保育園でクリスマス会が行われ、0、1歳児クラスも合同でミニクリスマス会をしました。ハンドベル演奏を聴いたり、手作り楽器を持って讃美歌に合わせて鳴らしとってもノリノリの子どもたちでした。

 サンタさんの登場に泣いて怖がる子もいたのですが、プレゼントにはみんな釘づけで見ていました。嬉しい楽しいクリスマスのひと時が過ごせました。

 

 

輝く瞳に天使のような笑顔
輝く瞳に天使のような笑顔
運動会で見た保護者競技の綱引きを私たちも!
運動会で見た保護者競技の綱引きを私たちも!

 

           

少子高齢化が進展する中、地方では保育園や幼稚園の定員不足により廃園となる現状があります。反面、今日の人口動態が都市地区に集中する流れの中で、待機児童は都市地区の抱える大きな課題となっています。本園は西宮市でも都市地区という位置にあり少子化の影響は今のところありません。

さて、今回は次の通り“今日の子育て家庭”の課題や特徴等についてお知らせをしたいと思います。①夫婦共働き世帯が専業主婦世帯の1.5倍(厚生省労働白書;2015年)となっています。その背景には、家事・育児は女性の役割等という考えから、女性も自らのタレントを生かして働きたいという権利意識や価値観の変化があるとともに、共働きをしなければ経済水準の維持ができないという理由もあります。②現在の親世代(30歳前後~)は、かつての大家族制の時代では当然の様に経験していた年齢の離れた兄弟や親族の乳児を子守することで育まれた親性準備性(養育性)を育む機会が少なくなり、自分の子どもを産んで初めて赤ちゃんを抱いたという親が多いとの統計(国民生活白書1995年)があり、育児に不安を覚える保護者が多いよう様です。

さらには、子育てひろば全国連絡協議会の調査(2015年)ではアウエイ育児(自分が生まれ育った市区町村外で子育てをしている世帯)の増加もあり、地縁が薄く祖父母や親族の支援が得られにくいという孤立した育児、負担を抱えながらの育児世帯が増えています。

また、現在働いていない母親の90%の内訳は、結婚を機に退職30%、出産を機に退職45%、育児休業中20%で、その中の75%は仕事に戻れるかという不安・焦りを抱いているという結果があります。

とりわけ、今年度の国勢調査では就学前の子どもがいる世帯は、何と全体の約7%~8%だという数字が出ています。つまり、10世帯に就学前の子どもがいる世帯が1世帯あるか否かです。したがって、就学前の子どもがいる世帯はマイノリティ世帯といっても過言ではないのです。

それ故に生ずる社会事象の一つに保育園、幼稚園、学校は迷惑施設だから建設には反対だとの住民運動が全国各地で起こっているように感じ胸を痛めています。

次代を担う人材となる子どもたちと、その子育てに奮闘している保護者に寄り添った保育、そして子育て支援に努めていきたいと心新たにしています。

一緒に遊ぼう 【日記】 2017-12-12 14:14 UP!

きれいだね~
きれいだね~
すごーい!
すごーい!
お片付けも出来たよ
お片付けも出来たよ

「これしようかぁ♪」と言いながら休息コーナーにせっせといろは積木を運んできた子どもたち。一人の子が一列に並べると次々お友だちも同じように並べ始め、写真の様にこんなにキレイに並べることが出来ました。子どもたちも嬉しかった様で「すご~い」と言いながら拍手!!次にどうするのかなと見ているとまたみんなでせっせとお片付けをしてくれました。これで全て完結と言ったように、満足げな表情の子どもたちでした。

イチョウの葉 【日記】 2017-12-01 19:17 UP!

 
 

きれいな青空の日が続いていますね。

12月に入り、寒くなり始めましたが、子どもたちは元気いっぱいで園庭でたくさん遊んでいます。

園庭のイチョウの木から葉っぱが風で舞い落ち、大きな黄色いじゅうたんが出来ています。その上に寝転んだり、葉っぱを集めて空に向かって投げて喜んだりと楽しそうにしています。この時期にしかできない遊びだと見ていて微笑ましいです。

これから寒くなっていきますが子どもたちと季節を感じながら、過ごしていきたいと思います。

収穫感謝祭 【日記】 2017-11-20 14:23 UP!

祭壇に野菜や果物を飾りました。
祭壇に野菜や果物を飾りました。
収穫感謝祭についてのお話を聞いています。
収穫感謝祭についてのお話を聞いています。
影絵のぐりとぐらを見ました。
影絵のぐりとぐらを見ました。

本日は、教会ホールで、収穫感謝祭の集いを行いました。 

おうちから持って来て頂いた野菜や果物を祭壇に飾り、みんなで収穫感謝祭の由来を聞いたり、保育士の出し物で「ぐりとぐら」の影絵を見たりと、楽しいひと時を過ごしました。

 

どんな様子だったかは、またおうちへ戻られましたら、子どもさんに聞いてみて下さいね!

 

集いの後、保育園を代表して5歳児が、瓦木消防署と検診でお世話になっている村上先生と中逵先生に感謝の気持ちを込めて、果物を届けに行きました。

 

他のみなさんが持って来て下さった果物は、実りに感謝しながら本日のおやつで頂き、野菜は明日幼児クラスで調理し、「豚汁パーティー」を行います!